株式会社グローバルニュートリショングループは、健康食品および機能性食品市場のコンサルティング企業です。
go to english


国 内
『 ヒットを育てる!食品の機能性マーケティング 』
(著:武田猛、藤田康人他)
  (日経BP出版, 2017年3月)
・機能性表示食品の現状と今後の予測
  (食品と開発, 2016年12月)
・機能性表示食品、地方企業の取り組み
  (食品と科学, 2016年9月)
・機能性表示食品に向けて効率的に届出するコツ
  (Food Style 21 別冊, 2016年1月)
・Overview of the New Japanese Claim System: Food with Function Claim
  (Food Style 21,2015年12月号)
・ω-3の国際団体GOED
  (健康食品新聞, 2015年)
・機能性表示食品の広告はどうあるべきか?
  (I・Bヘルスケア第27号,2015年9月)
・米国との比較で考える制度の課題
  (REPORT JARO,2015年9月)
・特集/これからの健康機能表示 「機能性表示食品制度の導入」
  (食品と科学,2015年5月)
・ヘルシーワールドウォッチ〜12 Key Trends in Food, Nutrition & Health 2014を読み解く〜
  (Food Style 21,2014年7月〜2015年3月)
・消費者視点の機能性表示食品とは?
  (I・Bヘルスケア第24号,2015年3月)
・cGMPと日本の健康食品GMPの違いは?
  (I・Bヘルスケア第24号,2015年3月)
・新制度に対応するための企業戦略、商品戦略とは
  (Food Style 21,2015年1月号)
・食品の新・機能性表示制度の概要 成長戦略としての規制改革
  (医と食,2014年10月)
・新制度の導入「情報の非対称性」解消へ企業の研究開発への投資を促進
  (I・Bヘルスケア特別増刊号 保存版,2014年9月)
・健康食品の機能性表示に向けて―消費者利用実態調査結果から今後のニーズを探る
  (食品と開発,2014年7月)
・ ヘルシーワールドウォッチ〜12 Key Trends in Food, Nutrition & Health 2014を読み解く〜
  (Food Style 21,2014年7月〜連載)
・ エビデンスに基づく機能性食品―健康長寿社会の実現に向けて
  (食品と容器,2014年1月)
・ 2014健食市場の行方
  (日本食糧新聞,2014年1月)
・ 諸外国の機能性表示制度
  (JADMAサプリメント部会 サプリメント登録制 調査資料,2013年度)
・ 米国の機能性表示制度と日本の比較について(上、下)
  (健康食品新聞,2013年8月14日、21日)
・ 論点[健康食品の機能性表示]にて「定義明確にし活用議論を」
  (毎日新聞,2013年7月26日)
・ 世界のニュートリション市場を分析
  (健康食品新聞,2011年1月-12月、2012年1〜12月連載)
・ 世界の機能性飲料のトレンド
  (Food Style 21,2011年11月号)
・ キッズニュートリション製品の国際比較
  (Food Style 21,2011年7月号)
・ 世界でDHA・EPAはどのように注目されているか
  (食品と開発,VOL.46 NO.2)
・ 中国の法制度と市場動向
  (Food Style 21,2011年1月号)
・ 海外市場への進出
  (健康産業新聞,2010年1月-12月連載)
・ 健康食品ビジネスで成功する企業、失敗する企業
  (経営者通信,2010年11月号)
・ 抗疲労食品のマーケット情報と今後の市場性
  (Food Style 21,2009年12月号)
・ 健康素材の普及と機能性食品開発
  (Food Style 21,2009年9月号)
 ◎その他 過去の国内記事寄稿は こちら
海 外
・In Japan, granola is a hot category
  (英 New Nutrition Business Journal 月刊誌 2015年3月号)
・Regulatory Reform Fuels Japan’s Supplement Market
  (米 INSIDER 2014年9/10月号)
・An exporter's guide to the Japanese market
  (米 NBJ/Monograph 2014年5月)
・Abenomics & Regulatory Reform in Japan
  (英 New Nutrition Business Journal 月刊誌 2013年11月/12月号)
・Sales Continue to Decline, Consumers Grow More Loyal
- Functional Market in Japan
  (米Nutrition Business Journal 2012年5月)
・The secrets of the original little bottle's success
  (英New Nutrition Business 2007年11月)
・Digestive health juice creates a new market
  (英New Nutrition Business 2007年8月)
・Coenzyme Q10 seeks graduation into food mainstream
  (英 New Nutrition Business 2007年2月)
・Japan: A Supplement Market Like No Other
  (米 Nutrition Business Journal 2007年5/6月号)
・Near-water Nippon-style
  (英 New Nutrition Business 2006年8月号)


国 内

・「After FFC 1年目の実態に迫る」
  (株式会社インテージ主催 「2016年版健康食品・サプリメントレポート」 発刊記念セミナー2016年12月5日)
・「機能性食品の海外展開とASEANの関連法規」
  (グローバルネットワーク主催セミナー 2016年11月29日)
・「機能性表示食品制度の行方とその対応」
  (鞄圏m新薬主催 第3回機能性表示食品実践セミナー 2016年11月25日)
・「国内外の食品の機能性表示食品制度」
  (科学技術振興機構主催 サイエンスアゴラ2016 2016年11月6日)
・「機能性評価の実際 日本の機能性表示食品制度を考える」
  (Medi Produce主催 第16回抗加齢医学の実際2016 2016年9月19日)
・「機能性表示食品の広告・表示の注意点と最近の健康食品業界の動向」
  (日本広告審査機構主催セミナー 健康食品における行政動向と業界動向 2016年9月2日)
・「消費者視点の機能性表示食品」
  (アントシアニン研究会主催 第5回研究会パネルディスカッション 2016年8月4日)
・「機能性表示食品の現状と可能性」
  (インテージ主催セミナー 「健康市場を勝ち抜く食品・飲料マーケティングセミナー〜食品・飲料の健康価値を最大限に高め、健康市場を勝ち抜くマーケティングを考える」 2016年6月30日)
・「機能性表示食品制度の可能性と課題」
  (潟潟塔Nアンドコミュニケーション主催セミナー 2016年6月16日)
・「機能性表示食品制度の最新情報と将来展望」
  (信州機能性食品開発研究会主催 「機能性表示食品制度の活用と取組みポイント」講演会 2016年5月23日/バイオ産業研究会主催セミナー 2016年5月31日)
・「機能性表示食品に向けて効率的に届出するコツ(入門編)」
  (食品化学新聞社主催 ifia2016 2016年5月20日)
・「機能性表示食品制度の現状と将来展望」
  (EPA・DHA協議会総会講演会 2016年5月18日)
・「Food with Function Claims ? Japan Overview and Business Opportunity 」
  (ニュージーランド大使館 2016年5月16日)
・「機能性表示食品制度施行1年間を振り返って」
  (食生活ジャーナリストの会主催 特別勉強会「機能性表示食品制度」 2016年4月26日)
・「機能性表示食品制度の届出状況と将来展望」
  (健康支援食品普及促進協議会主催 2016年3月29日/鞄圏m新薬主催 第1回機能性表示食品実践セミナー 2016年4月18日)
・「健食大国米国はどこに向かうのか?そのトレンドとビジネスチャンスを探る」
  (公益財団函館地域産業振興財団、経済産業省北海道経済産業局主催 海藻機能性セミナー&パネルディスカッション 2016年3月23日)
・「健食大国米国はどこに向かうのか?そのトレンドとビジネスチャンスを探る」
  (United Business Media社主催 健康博覧会2016 2016年3月17日)
・「届出状況から機能性表示食品制度の課題を考える」
  (ハイクオリティ認証説明会主催 2016年3月3日)
・「食品表示概要」
  (一般社団法人日本能率協会他主催 第37回フードケータリング・ショー 2016年2月18日)
・「機能性表示食品の開発と将来展望」
  (且O重銀行、且O重銀総研、三重県主催 みえフードイノベーション・シンポジウム 2016年2月8日)
・「機能性表示食品制度を活用した商品開発とマーケティング戦略」
  (信州機能性表示食品研究会主催 2016年1月21日)
・「機能性表示食品の最新動向と届出の仕方」
  (大地みらい信用金庫主催セミナー 2016年1月19日)
・「機能性表示食品制度の可能性と将来展望〜沖縄の可能性は?〜」
  (沖縄県産業振興公社主催セミナー 「機能性表示食品制度と沖縄のこれから」 2015年12月11日)
・「機能性表示食品制度がもたらしたインパクトと変化の兆し」
  (株式会社インテージ主催 「2015年版健康食品・サプリメントレポート」 発刊記念セミナー 2015年12月1日
/株式会社ダイヤモンド・フリードマン主催「機能性表示食品制度」マーケティング活用セミナー 2015年12月2日)
・「機能性表示食品制度を活用した商品開発とマーケティング戦略」
  (静岡県/静岡県企業立地市町推進連絡会主催セミナー 2015年11月20日)
・「機能性表示食品の開発と将来展望」
  (第18回 ヘルスケア技術交流会プログラム 2015年11月13日)
・「機能性表示制度がもたらしたインパクトと変化の兆し」
(株式会社インテージ主催 インテージフォーラム2015 2015年10月22日)
・「機能性表示食品の可能性」
  (BioJapan2015「機能性表示食品の使命とその理解、そして展開」シンポジウム 2015年10月16日)
・「機能性表示食品の可能性と企業の責任」
  (一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会主催 2015年7月21日)
・「機能性表示食品制度の現状と今後〜健康食品と広告規制」
  (公益社団法人 日本広告審査機構(JARO)主催 パネルディスカッション  2015年7月7日)
・「睡眠サプリメント、機能性表示制度活用の可能性〜米国の構造機能表示事例を参考に〜」
  (食品化学新聞社主催 ifia2015 2015年5月22日)
・「Japan−New Market Potential for Foods with Functional Ingredients」
  (食品化学新聞社主催 HFE Japan 2015 2015年5月20日)
・「新制度ガイドライン対応セミナー〜可能な機能性表示とシステマティック・レビューの手順」
  (データ・マックス主催セミナー 2015年4月1日、3日、6日、8日、10日)
・「黒酢などの伝統食品と機能性表示」
  (日本黒酢研究会パネルディスカッション 2015年3月20日)
・「いよいよスタートする新・機能性表示制度〜「食品表示基準」「施行通知」「ガイドライン」を徹底攻略〜」
  (新日本システム総合研究所 2015年3月18日)
・「健康・栄養食品の機能性表示のあり方
〜栄養機能食品制度の対象拡大、景品表示法の改正、健康食品の広告表現の適切な対応〜」
  (マーケティング研究協会2015年3月3日)
・「健康食品産業のビジネスチャンス:規制改革と国際化が広げる新たな成長ステージ」
  (iBioK主催フォーラム 2015年2月23日)
・「新たな機能性表示制度のビジネスへの活用方法について」
  (えひめ健康ビジネス研究会、愛媛県食品産業技術センター共催セミナー 2015年2月2日)
・「販売拡大の追い風、食品の新たな機能性表示制度の全容と今行うべき事」
  (株式会社ダイレクトマーケティンググループ主催セミナー  2015年1月26日)
   ・「健康食品・サプリメント機能性表示新制度スタートにむけて
  〜動き出す10のシナリオを調査データから読み解く〜」
  (株式会社インテージ主催 インテージフォーラム2014 2014年10月)
・「Hot International Markets」
  (米Informa Exhibitions社主催 Supply Side West2014展示会 2014年10月)
・「米国市場の動向から機能性表示導入による国内市場の変化を予測」
  (UBMメディア株式会社主催 食品開発展2014  2014年10月)
・「機能性表示食品制度の概要と今後の市場展開」
  (新田ゼラチン株式会社主催 Nitta コラーゲンペプチド・シンポジウム 2014年10月)
・「新機能性表示制度と将来展望」
  (公益財団法人流通経済研究所主催 2014年6月)
・「新・機能性表示制度とDHA・EPAの機会」
  (DHA・EPA協議会主催 2014年5月)
・「健康食品 健康食品のアジア・パシフィック市場へのシェア拡大法」
  (株式会社新社会マーケティング研究協会主催 2014年5月)
・「健康食品産業のビジネスチャンス〜規制改革と国際化が広げる新たな成長ステージ」
  (日経BP未来研究所主催 2013年10月)
・「新・機能性表示制度への準備〜米国表示制度の研究と日本導入に向けた対策〜」
  (株式会社新社会システム総合研究所主催 2013年10月)
・「Overview of Japanese Nutrition Market」
  (仏大使館主催フレンチフードクラスター 2013年10月)
・「健康食品新表示制度勉強会」
  (株式会社グローバルニュートリショングループ主催 2013年9月)
・「米国の機能性表示制度の実際と、日本導入シュミレーション」
  (データ・マックス主催セミナー 2013年7月)
・「なぜ日本は世界から取り残されるのか〜欧米視察を踏まえて」
  (データ・マックス主催 健食業界復活セミナー 2012年12月)
・「“顧客視点”の商品戦略」
  (株式会社インテージ主催 健康食品セミナー 2012年9月)
・「ストーリー」で売るマーケティング
  (株式会社スポルツ主催セミナー 2012年4月)
・最新情報!これから来る健食素材〜押さえておくべき10のトレンド〜
  (株式会社ダイレクトマーケティンググループ主催セミナー 2012年4月)
・健康食品ビジネス2012年の動向:
第1部「2011年の総括と2012年の展望」・第2部「有力健食通販企業の商品戦略分析」
  (データ・マックス主催「どうなる? これからの健康食品市場」 2012年1月)
・日本の健康食品市場について
  (仏大使館主催フレンチフードクラスター BtoB ビジネスマッチング 2011年10月、2012年6月)
・健康食品市場の分析〜地域資源を活用し、産学官連携による新商品の開発のために〜
 (みえ"食発・地域イノベーション"創造拠点〜平成23年度セミナー 2011年11月)
・最新米国機能性食品事情「エナジー食品市場の成長と日本市場への応用」
 (食品開発展2011記念セミナー 2011年10月)
・健食通販に取り入れたい!世界のトレンド
  (DMFセミナー 「女ごころを理解し女性向け通販のポイントを学ぶ」 2011年7月)
・海外における機能性おやつの現状
  (東京ヘルスコレクション2011“機能性おやつ”シンポジウム 2011年6月)
・食品の『抗酸化力表示』普及の課題と問題点
  (健康博覧会2011 パネルディスカッション 2011年6月)
・海外マーケットの動向と日本市場創造の可能性を探る
  (ifia JAPAN 2011 キッズニュートリションマーケットの創造と提案 2011年5月)
・消費者調査からみた健康食品市場の検証
  (食品開発展2010 記念セミナー 2010年10月)
・海外はどんな製品を求めているか?
  米国・中国などの健康食品市場と売れ筋商材から考える
  (健食原料・素材・OEM展 2009年5月)
・美肌食品の市場性について
  (ifia JAPAN 2008 美容食品、ドリンク開発セミナー 2008年5月)
  ◎その他 過去の講演実績は こちら

海 外
・Panel Discussion: Hot International Markets
  (Supply Side West 2014 2014年10月8日)
・Education Session: Changing Japan; A Business Opportunity and Consumer Insight
  (Engredea 2014 2014年3月8日)
・Regulatory Status in Major Asian Countries
  (GOED Exchange 2011 Omega-3 Conference 2011年1月13日)
・日本の健康食品市場概要及び輸入に関する諸制度
  (台湾GMPシンポジウム「2010台日韓保健食品發展趨勢?安全管理實務研討會」2010年11月30日)